嫁とスキンシップを図りながらできるセマンズ法の効果

早漏防止トレーニングのスクイーズ法とセマンズ法

ある調査で100人の男性を対象に人に言えない悩みと題しアンケート調査が行われました。
結果は第1位が早漏、第2位に包茎、そして3位はEDといった身体的な悩みが上位に多く占めている事が判明しました。
そこで今回は世の多くの男性方が最も悩んでいるとされている早漏の改善やトレーニング方法と効果についてご紹介致します。

男性の性の悩みは中々人に相談が出来ずかと言って放っておいても後々自分が困るので男性にとっては由々しい問題なのです。
一般的に蔓延している早漏対策としては医薬品を使った体質の改善等が主流ですが副作用や薬を服用するのは気が引けると言った方にはスクイーズ法やセマンズ法と呼ばれるトレーニング方法を試して見ましょう。
聞き慣れない単語かもしれませんが1970年にアメリカの学者が発明した昔からあるトレーニング法で手順としてはまずはじめに自身でマスターベーションをしペニスを刺激します。
その後射精しそうになる時にカリの付け根部分を指で圧迫し射精までは行かず抑えてから再度始めの手順に戻りを繰り返します。
これを繰り返すことにより交感神経が強くなり早漏改善効果が実感できる様になるのですが継続する事が必須となっているのです。

次にセマンズ法と呼ばれる方法ですが別名スタートストップ法と呼ばれている為スクイーズ法とはやり方自体が違うのです。
こちらは女性に協力して貰う必要が有り、パートナーにペニスを刺激して貰う事からスタートとなり射精しそうになったら止めて堪え又、刺激してもらうの繰り返しを4セット程行い最後に射精すると言った流れです。
セマンズ法はスクイーズ法とさほど違いが感じられない様に思えますが大きく違う点としてパートナーが必ず必要という事で繰返す毎に射精に至るまでの時間が長くなり早漏改善に繋がるのです。
上記どちらの方法もメリットとしてお金が一切かからない事と時間が空いた時や好きなタイミングで出来るのですが直ぐに改善の効果実感が得られるとは限りません。
根気とパートナーの理解も必要となりますが早漏は治す事が可能な悩みですのでパートナーと楽しくセックスが出来る方法を自分で模索し色々と試して見てはどうでしょうか。